2016年3月 5日 (土)

ひめちゃん

 2016年 2月12日 午後10時30分 ひめは、ごんちゃんねねちゃんのところに走っていってしまいました。

 昨年の12月にドッグフードをあまり食べなくなり、おなかの具合もよくなかったので病院に連れて行きました。血液検査の結果、特に異常はなく、心臓の雑音もたいしたことがないということでした。
 ところが23日の夜、いつもより息が荒く、苦しそうなのに横になることができずずっとはぁはぁいっていました。私も眠ることができず、朝になるのを待って病院に行きました。診察は九時からですが、もっと早く入れてもらいました。そして、ひめを病院に預けて私は仕事に行きました。仕事帰りに迎えに行くと、レントゲンを撮ったところ心臓がパンパンに腫れていたとのこと。ずっと酸素室に入れてもらっていたけれど、それでもまだ苦しそうでした。連れて帰ってからも、ずっと息が苦しそうでした。前日同様に、座ったままはぁはぁいっていました。もうだめだと思いました。何時間もそんな調子でした。

ところが、夜中になって、やっと横になって眠り始めました。そして、なんとかクリスマスの朝を迎えました。食欲は以前ほどではないにしても、好きなものは喜んで食べ、お正月を迎えることができました。一月中は、特に心配することもなく過ごすことができました。
 けれど、二月になり、好きなものしかたべなくなりました。以前好きだったものでも食べないものがふえてきました。
 2月11日は、休日だったので、のんびりと一緒に過ごすことができました。最近は、わたしのベッドの下で寝ることが多かったのに、この日は、わたしにくっついて寝てくれました。
 翌12日の朝、ごはんはあまり食べなかったものの、砂肝、ささみ、サケ、干しイモなどをいつもどおり喜んで食べました。特に砂肝がお好みの様子だっので、帰りに買ってかえることにしました。

 仕事から帰ると、いつもならわたしのところに寄ってくるのに、座ったまんまでした。うめだけお散歩に連れていくので、行く前にはひめにおやつをあげていたのですが、おやつも食べようとしませんでした。大急ぎでお散歩を済ませ、ひめを病院に連れて行きました。注射をしてもらいました。12月のときほど息は荒くなかったので、しばらくしたらまた楽になるだろうと思っていました。じっと座ったまんまのひめをそのままにして、わたしはいつもどおりに過ごしていました。12月にエンジェルになったキャバちゃんのブログを見ていたとき、ばたっと音がしました。ひめが倒れていました。そして苦しそうな呼吸。それからは、あっというまでした。走ってごんたとねねのもとにいってしまったという感じでした。お別れさえもいえないほどでした。まさか、この日、ひめがいってしまうなんて全く思いもしませんでした。

 生まれたその時からずっと一緒にいたひめ。ごんたとねねがいなくなってからもがんばってくれていたひめ。やっぱり寂しかったのよね。ずっと無邪気で赤ちゃんのときのまま年をとってきたようなひめだったけど、ねねがいなくなってから、急に年相応になったよね。

 今、きっとごんたとねねと一緒にいるよね。幸せな時間を過ごせているよね。ひめちゃん、ありがとう。最後までかわいいかわいいひめちゃんだったね。最近は、おとなしくて寝てばかりいたから、今もお部屋になかで寝ているみたいに感じます。

 ごんた、ねね、ひめ ごんた一家のみんながいなくなり、わたしにとっての一つの時代が終わったような気がしています。ごんたが来てくれて17年と半年。ねねがきて、ひめが生まれ、本当に幸せな時間を過ごすことができました。今度は、お空で会うのを楽しみにしています。ずっとずっと一緒だよね。ごんちゃん、ねねちゃん、ひめちゃん。

P1020608

 お別れの前の日 2月11日のひめ

P1020140

ひめちゃん、お空でも笑っていてね。




 

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

ひめ十三歳

ひめはあした、11日に13歳になります。今まで、元気でいてくれたことに感謝です。

ひめを産んでくれた、ねねにも感謝です。

ごんた一家では、13歳は鬼門です。ごんたもねねも13歳でお別れでした。どうか、ひめには記録更新してほしいと思っています。

うめは、9か月になりました。体重は4kg弱、まだまだ赤ちゃんで暴れまわって、ひめを怯えさせています。

早く、穏やかな関係になってもらいたいものです。

とりあえずは、ひめが長生きしますように。これが今、一番の願いです。P1020143

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年3月 7日 (土)

もう三月


年末年始、何もせずだらだら~と過ごしていたのが、ついこの前のことのようなのに、その後ばたばたしていたら、なんともう三月。
 

 

 ばたばたも、ようやくおさまった今日この頃。
ひめとうめは、まだまだ仲良しになりません。暴れん坊のうめから、ひめはひたすら逃げ回っています。ストレス太りか、ひめちゃん、ますます太ってピンチです。

 うめは、七か月になりました。体重は3.5kg。着実に大きくなっています。

201527_4

もっと、ひめとうめが仲良しになるといいなぁ。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年1月 4日 (日)

あけましておめでとうございます。

 

三が日も終わってしまいましたが、
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年末から、だらだら過ごしてしまいました。P1020017

ひめとうめ、元気に過ごしてくれればと思っています。

 



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2014年11月16日 (日)

ねね月命日 うめ参上

ねねがいなくなって二カ月たちました。
今まで、ひとりぼっちになったのことのないひめは、元気のない日々を送っていました。早く相棒を。。。と思いつつ、それは、本当にひめにとって良いことなのか。。。迷いつつ日々を過ごし、そして、今日、うめがやってきました。

P1010975

うめ 生後100日くらいです。ハイテンションです。

久々の子犬にわたしもひめも戸惑っています。

P1010978

そして、今日のひめ。最近、鼻の調子が悪いようです。近々、病院でしっかりと調べてもらう予定です。

2001112

ねねが生後100日の頃です。ごんたは3歳です。なつかしい~happy01

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2014年11月 3日 (月)

ねねちゃん 四十九日とごんちゃん月命日

 今日は、ねねの四十九日でした。あの日から四十九日もたったのかと思う一方、ねねがいなくなってからの日々は一日がとても長かったような気もします。
 ねねがいなくて、とても寂しいのですが、まだ、ねねが部屋の中で寝ているような気もしています。このままずっと、ここに居続けていてくれれば良いのだけど。

 
 
 今日は、久々にわんこグッズの整頓というか確認をしました。ごんたとねねが使っていた幾つものリードと首輪は、まだ捨てられずにおいてあります。今日もまだ、捨ててしまえる気分ではなかったので、そのまま箱にいれておいています。
 あまり、服はきせなかったけれど、これまた小さい頃からのものがそのままあります。ごんた用のTシャツをひめに着せたら、ひめにぴったり!!!ひめちゃん、ちょっと太りすぎだ~coldsweats01

 ねねがいなくなってから、すっかりパワーダウンのひめちゃん。心配ですが、きっとごんたとねねが守ってくれているから、きっと大丈夫でしょう。
後ろばかり向いていてはいけないなんて言いますが、わたしは、ずっとずっとごんたとねねとひめとの日々の思い出を大切にしていきたいです。

P1010966

ごんたのシャツがぴったりのひめちゃん。服を着なれないせいか、ちょっとむっとした顔をしています。

200810121630000_2
笑顔のねねです。わたしの大好きな写真です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2014年9月21日 (日)

写真

 

 昨日は、ここ二年分のねねとひめの写真をプリントアウトしました。
ごんたが逝ってしまった時、これ以上、ごんたの写真は増えないと思うと悲しくてしかたなかったので、その後、できるだけ、ねねとひめの写真を撮っておこうと思っていました。
  どれも部屋の中で、変わり映えしないなのですが。ただ、弱っているねねを撮っているときは、こんなにかわいそうな姿を平気で写しているという罪悪感と、一枚でも多くねねの姿を残したいという思いと複雑な気持ちでした。

 

 写真を見ていると、少しだけ落ち着いてきたように思ったのですが、でも、やっぱりいけません。何をしていても、ねねのことを思い出します。 
 ひめとお散歩をしているときも、ねねは、いつもこのへんでウンチしてたな、とか、しつこく電柱の匂いを嗅いでいたなとか、ここから動かなかったな、とか、いろいろいろいろ思い出して悲しくなってしまいます。何も手につきません。
 

 

 でも、そうしている場合じゃないのです。ひめがいるのです。ひめも、なんだか元気なさそうで。珍しくウンチもゆるゆるで。生まれた時から、ごんたとねねがいて、ひとりぼっちになったことのないひめのダメージはわたし以上でしょう。「心のケア」なんて言葉をよく耳にしますが、今まさに、ひめにはそれが必要なのでしょうね。お留守番は仕方ないけれど、できるだけひめに寂しさを感じさせないようにしたいと思います。そして、ひめもわたしも、少しずつ、ねねがいない生活に慣れていかなければいけません。

070804_193941

若い頃のねねです。かわいい~heart04

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

 

 

 
 

| | コメント (0)

2014年9月20日 (土)

ねねちゃんがいってしまいました。

 

 9月16日 午後11時 ねねちゃんが、ごんたのところに旅立ちました。
2001年7月25日生まれ その年の9月はじめに、生後二か月にもならないねねちゃんが、うちの子供になってくれました。9月に来て、9月に去って行ったねね。わたしにとっては、これから9月はねねちゃん月間になりそうです。

 

 冬頃から、少しずつ弱ってきていましたが、それでも、しっかりご飯を食べていました。心配な状態になったのが約一か月前。食欲もなくなりました。お盆だから、ごんたが迎えに来たのかな、なんて思っていましたが、その後少しばかり回復。
きっと、わたしに心の準備をさせるために、この一カ月頑張ってくれたのだと思います。

 
 
 

 最後の日の朝、いつも以上に力なく横たわっていました。早めに仕事から帰り、病院に行って点滴をしてもらいましたが、具合がよくなる様子ははみられませんでした。
夜、ずっとねねの横にいて、いっぱいお話をしました。「おねんねしていいよ。」と言ったら、ねねの口が少し動いたので、お水が欲しいのかと思って、少しスポイトで口にふくませました。その後すぐでした。ねねが旅立ったのは。最後にお口を動かしたのは、「行くね。」と言ってたのかもしれない、と後になって思いました。

 ねねは、ごんた一家きっての知性派でした。そして、女の子らしい子でした。気は強いのだけれど、ひかえめで。しぐさも、一番愛らしい子でした。(三匹中の一番です。)

 六月に、暑さ対策で丸刈りにしてもらったねねの姿を最初に見たときは、なんだか哀れでかわいそうな気さえしたのですが、それが、赤ちゃんの時に戻ったような錯覚をし、ますます愛しさが増しました。かわいくてかわいくて仕方ありませんでした。
 お散歩に行けなくなって、ひめだけが行くときも、「ねねちゃん、待っといてね。」というと、聞き分けよく、お利口に待っていてくれていました。本当に本当にいい子でした。

 

 朝、ねねが、手でぽんぽんと叩いて起こしてくれることは、もうなくなってしまいました。おかげで、今日も寝坊です。
 台所に立っているとき、わたしの足をポンポンと叩いて、「ねえ、ねえ。」と言ってくることも、もうありません。
 犬ドアから外に出て、自分で入ってくることもできるのに、窓をぽんぽん叩いて「入れて~。」ということも、もうありません。何度も何度も外に出て、すぐにぽんぽんと窓をたたくねね。これが、ねねの遊びなの?と思いながら、そのたびに「おかえり~」と迎えてなでなでしていたのが、もう思い出になってしまいました。
 寝ていることが多かったねねだから、今も部屋のすみっこで寝ているような気がしてしまいます。時々、わたしが見ていると、ねねが突然起きて、顔をにょきっと現す。そんなことが、また、あるような気さえしています。

 わたしの娘、ごんたのお嫁さん、ひめのお母さん、どれもよく頑張ってくれました。お空では、ごんたと夫婦水入らずでのんびり楽しく過ごしてほしいです。そして、ひめとわたしがいった時には、四人で、いや、三匹と一人だけど、一緒に過ごしたいです。

P1010940

お別れの二時間ほど前。娘のひめと。

ひめは、ねねがいなくなった日、お散歩から戻って部屋に入ると、すぐに、いつもねねがいたところに走っていきました。少しばかりの間、探しているようにも見えました。

P1010943

「かわいいかわいい ねねちゃん。おりこうおりこう ねねちゃん。」て、ねねに向かって言うことがもうできなくなってしまいました。

 

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2014年8月18日 (月)

'14 8/18

 昨日のねね。朝ごはん、食べず。ほぼ寝ていました。
ただ、トイレは自分で歩いて行きます。室内にもトイレを置いていますが、犬ドアを出て、外でしています。一度、外にでたら、なかなか帰ってきません。心配です。が、様子をうかがうと、あわてて室内に入ってくるので、ちゃんと用を足せたのか、これまた心配。
ウンチは、ゆるゆるです。

 
 夕方、自分で起きてきたので、買ってきたウェットフードを与えると、結構たべたので一安心。療法食を注文しているけれど、これも食べないんじゃないかと。体に良いとか悪いじゃなくて、いまとなったら、好きなものだけでもたべてくれたら、と思っています。薬は大きくて、飲ませるのに苦労しています。今度、病院に行ったら相談するつもり。

 
朝方、3時ごろに、外に出て行きました。トイレだと思い、しばらく待っていましたが、なかなか戻ってこない。様子を見ると、立ったまま、じっとしていました。最近、立ったまま動けななる状態が頻繁に見られます。わたしを見ると、あわてて戻ってきました。その後も、部屋の中で、立ったまま状態。なかなか横になろうとしない。少しずつ、自分のお気に入りの場所に移動して、やっと横になりました。

 

 今朝も、食欲なし。体によくないのを知りつつ、薬をチーズで包み、なんとか食べさせました。今は、ぐっすり寝ています。ねねが、朝、起こしてくれなくなったので、わたしは、ついつい寝坊に。そろそろ目覚まし時計のお世話にならなければ。

昨日(8月17日)のねね。 

P1010881

P1010879

ひめが、ねねの食べ残しを食べています。think
この写真の、ねねの目力はまだ強いgood

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

2014年8月16日 (土)

ねね

 

休日の朝、少しでも遅くまで寝ようとする私を起こしに来るのが、ねねちゃんの日課だったのに、起こしてくれなくなって三日めになりました。

つい、この間までは、ひめちゃんより、ガツガツと早食いしていたのに、今朝は自分では食べようとせず、口まで持っていって、無理やり食べさせようとしたけれど、少ししかたべませんでした。

ねねちゃんが食べないなんて今まで一度もありません。で、病院に連れて行きました。いろいろな不調は心臓病からくるものだとか。腎臓の数値もよくないらしいです。新しいお薬をもらってきました。

その後も、ねねは眠ってばかりいました。これまで、あまり使っていなかったワンコ部屋のタイルの上がお気に入りのようで、ずっとそこにいました。私としては、もう少しふかふかの所とか、部屋のわたしの近くで眠ってほしいのですが。。。P1010863_2

一度、横になると起き上がるのも苦労している様子です。

これまでも、弱ってきているとは思っていたけれど、こんなに急激に弱るなんて思っていなかったので、かなり動揺しています。

 以前、ねねちゃんに、「お誕生日まで頑張って、13歳になろうね。」とか「かーちゃんが夏休みになったら、毎日一緒におろうね。」って言っていたので、どちらの約束も守ってくれたので、それだけで、ねねちゃん、えらいって言わなくちゃいけないとわかってるんだけど。

ただ、眠っているときは、苦しそうな様子ではないので、よかったと思わなくっちゃ。

P1010866_3

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«久々